【IPO】BASE(4477)が東証マザーズへの新規上場承認

2019年9月20日、BASE(4477)が東証マザーズへの上場承認を受けました。40万株の公募増資、760万株の売出し及び最大120万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(1,630円)で算出した資金吸収金額は150億円です。主幹事は大和証券です。ブックビルディング期間は10月9日(水)から10月16日(水)、上場日は10月25日(金)です。売出し株の一部は、海外投資家に対して販売されることがあります。

BASEは、Eコマースプラットフォーム「BASE」及びオンライン決済サービス「PAY.JP」の運営等を行っています。

調達した資金は、事業の拡大及び新機能開発に伴う人件費及び採用費、認知度向上及び顧客基盤拡大に係る広告宣伝費並びに本社オフィス増床に伴う費用に充当する予定です。

10月8日追記
BASEの仮条件は1,150~1,300円に決まりました。なお、公募・売出株式数、オーバーアロットメントによる売出株式数、売出株放出元が変更になっています。

10月17日追記
BASEの公開価格は、仮条件の上限である1,300円に決まりました。

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名BASE
コード番号4477
上場市場東証マザーズ
新株発行522,600株
売出株数6,704,800株
OA売出1,084,100株
合計8,311,500株
上場時発行済み株式数19,344,600株
オファリング・レシオ43.0%
想定発行価格1,630円
仮条件1,150~1,300円
BB期間10月9日(水)~10月16日(水)
公募・売出価格1,300円
上場日10月25日(金)
初値(公募・売出価格比)1,210円(-6.9%
調達資金使途人件費
採用費
広告宣伝費
本社オフィス増床に伴う費用
売出人及び売出株式数SBI Ventures Two株式会社 1,162,800株
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合 1,114,400株
株式会社サイバーエージェント 902,000株
Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合 868,000株
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合 723,500株
鶴岡 裕太 600,000株
サンエイト2号投資事業有限責任組合 236,800株
株式会社partyfactory 184,100株
サンエイト・PS1号投資事業組合
173,600株
サンエイト・K投資事業組合 108,400株
サンエイトK3投資事業有限責任組合 108,400株

※変更点(10月8日追記)
新株発行 405,000株⇒522,600株
売出株数 7,606,800株⇒6,704,800株
OA売出 1,201,700株⇒1,084,100株
上場時発行済み株式数 19,227,000株⇒19,344,600株
売出株放出元 株式会社サイバーエージェント 1,804,000株⇒902,000株

価格情報

想定発行価格公募・売出価格
株価1,630円1,300円
吸収金額150億円108億円
時価総額313億円251億円

幹事

名称引受株式数
主幹事大和証券6,649,500株
引受人SBI証券1,084,200株
引受人みずほ証券234,800株
引受人野村證券108,400株
引受人SMBC日興証券72,200株
引受人三菱UFJモルガン・スタンレー証券72,200株
引受人いちよし証券72,200株
引受人極東証券18,000株

企業情報

事業内容Eコマースプラットフォーム「BASE」及びオンライン決済サービス「PAY.JP」の運営等
HPアドレスhttps://binc.jp/

業績

決算年月2017年12月2018年12月2019年12月
(第2四半期累計)
売上高(千円)-2,352,4061,687,581
経常利益又は経常損失(千円)-△798,930△135,713
売上経常損益率
当期純利益又は当期純損失(千円)-△854,783△136,196

投資指標

想定価格1,630円
1株損益-44.5円
PER-倍

※1株損益は直近の当期純損益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称株式総数に対する割合ロックアップ
鶴岡 裕太21.1%180日
グローバル・ブレイン6号投資事業有限責任組合9.3%
株式会社サイバーエージェント8.7%
SBI Ventures Two株式会社8.0%90日or1.5倍
グローバル・ブレイン5号投資事業有限責任組合7.7%90日or1.5倍
株式会社丸井グループ6.1%
株式会社メルカリ6.0%90日or1.5倍
Fin Techビジネスイノベーション投資事業有限責任組合6.0%90日or1.5倍
イーストベンチャーズ投資事業有限責任組合5.5%90日or1.5倍

BASEのIPO評価(管理人の参加について)

BASEが東証マザーズへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で150億円と大型です。

IPOについては、人気のIT系企業ですが、赤字で売出し比率・オファリングレシオが高く、規模も大きいので不参加の予定です。

10月8日追記
仮条件は想定価格を大幅に下振れています。仮条件を引き下げ、売出株数も減らしていますが、依然として売出し比率・オファリングレシオは高く、規模も大きく需給面での懸念が大きいので予定通り不参加です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました