【IPO】フィーチャ(4052)が東証マザーズへの新規上場承認!

2020年5月21日、フィーチャ(4052)が東証マザーズへの上場承認を受けました。15万株の公募増資、43万株の売出し及び最大8.7万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(470円)で算出した資金吸収金額は3.1億円です。主幹事はSMBC日興証券です。ブックビルディング期間は6月9日(火)から6月15日(月)、上場日は6月24日(水)です。

フィーチャは、 画像認識ソフトウェアの開発を行っています。

調達した資金は、ディープラーニングをはじめとした画像認識技術の研究開発を促進して認識精度や実装性といった技術力を向上させること及び増加が見込まれる受託案件に対応できる開発体制の構築のための人件費及びエージェント利用料や紹介料などの採用費に充当する予定です。

6月8日追記
フィーチャの仮条件は470~520円に決まりました。

6月16日追記
フィーチャの公開価格は、仮条件の上限である520円に決まりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 フィーチャ
コード番号 4052
上場市場 東証マザーズ
新株発行 150,000 株
売出株数 430,000 株
OA売出 87,000 株
合計 667,000 株
上場時発行済み株式数 5,409,000 株
売出し比率 74.1%
オファリング・レシオ 12.3%
想定発行価格 470円
仮条件決定日 6月8日(月)
仮条件 470~520円
BB期間 6月9日(火)~6月15日(月)
公募・売出価格 520円
上場日 6月24日(水)
初値(公募・売出価格比) 4,710円(+805.8%
売出人及び売出株式数 曹 暉 322,500 株
脇 健一郎 107,500 株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 470円 520円
吸収金額 3.1億円 3.4億円
時価総額 25億円 28億円

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 SMBC日興証券 580,000
引受人 大和証券 29,000
引受人 水戸証券 11,600
引受人 極東証券 5,800
引受人 みずほ証券 5,800
引受人 エース証券 5,800
引受人 東洋証券 5,800
引受人 SBI証券 5,800
引受人 楽天証券 5,800
引受人 いちよし証券 5,800
引受人 岩井コスモ証券で株式取引 5,800

企業情報

事業内容 画像認識ソフトウェアの開発
業種 情報・通信業
HPアドレス http://ficha.jp/

業績

単位:百万円

決算年月 売上高 経常利益

又は経常損失(△)

当期純利益

又は当期純損失(△)

2018年6月 210 50 42
2019年6月 282 △5 △8
2020年6月(第3四半期累計) 311 74 52

投資指標

想定価格 470円
1株利益 -円
PER -倍

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
曹 暉 32.2% 180日
王 潞 21.5% 180日
惠州市德赛西威汽车电子股份有限公司 17.9% 180日
NVCC7号投資事業有限責任組合 9.9% 90日or1.5倍
株式会社SMBC信託銀行(特定運用金外信託口 契約番号12100440) 5.1% 90日

フィーチャの初値予想(管理人の参加について)

フィーチャが東証マザーズへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で3億円程度と非常に小型です。

フィーチャは、画像認識ソフトウェア開発事業を行っております。特に車載カメラやドライブレコーダ向けに歩行者や車両、車線、標識などを検知するADAS(Advanced driver-assistance systems。自動車の運転手の運転操作を支援するシステム。)用の組み込みソフトウェアの開発に注力しております。

IPOについては、規模が非常に小さく、自動運転に関わる事業を行っておりテーマ性もあり人気になりそうなので参加予定です。

初値予想 1,300円~1,500円

6月8日追記

仮条件はやや強気で決まりました。IPOには、規模が非常に小さいので予定通り参加します。

初値予想 1,500円~1,800円

コメント

タイトルとURLをコピーしました