【IPO】フォーラムエンジニアリング(7088)が東証への新規上場承認

2020年2月5日、フォーラムエンジニアリング(7088)が東証への上場承認を受けました。967万株の売出し及び最大67万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(1,310円)で算出した資金吸収金額は135億円です。主幹事は野村證券です。ブックビルディング期間は2月25日(火)から2月27日(木)、上場日は3月9日(月)です。967万株の売出しのうち517万株は海外売出しとなる予定です。

フォーラムエンジニアリングは、エンジニア人材の派遣事業・紹介事業を行っています。

2月21日追記
フォーラムエンジニアリングの仮条件は1,310~1,400円に決まりました。

2月28日追記
フォーラムエンジニアリングの公開価格は、仮条件の下限である1,310円に決まりました。市場は東証1部です。海外売出しは、予定通り5,174,200株です。

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 フォーラムエンジニアリング
コード番号 7088
上場市場 東証1部
新株発行 0株
売出株数 9,673,600株
OA売出 674,800株
合計 10,348,400株
上場時発行済み株式数 26,627,700株
売出し比率 100.0%
オファリング・レシオ 38.9%
想定発行価格 1,310円
仮条件 1,310~1,400円
BB期間 2月25日(火)~2月27日(木)
公募・売出価格 1,310円
上場日 3月9日(月)
初値(公募・売出価格比) 1,030円(-21.4%
売出人及び売出株式数 松波方祐子 5,174,200株(海外)
株式会社ラテール・エンタプライズ 3,000,000株
松波 方祐子 1,225,800株
佐藤 勉 190,000株
竹内 政博 39,800株
林 誠一 19,800株
石毛 勇治 8,000株
小泉 雅裕 8,000株
秋田 秀樹 8,000株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 1,310円 1,310円
吸収金額 135億円 135億円
時価総額 348億円 348億円

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 野村證券 4,274,400
引受人 みずほ証券 449,900
引受人 SBI証券 449,900

企業情報

事業内容 エンジニア人材の派遣事業・紹介事業
業種 サービス業
HPアドレス https://www.forumeng.co.jp/

業績

単位:百万円

決算年月 売上高 経常利益又は経常損失 当期純利益又は当期純損失
2018年3月 34,496 6,181 4,034
2019年3月 34,591 6,341 4,232
2020年3月(第3四半期累計) 24,362 3,492 1,949

投資指標

想定価格 1,310円
1株損益 159.0円
PER 8.2倍

※1株損益は前期の当期純損益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
株式会社ラテール・エンタプライズ 45.98% 180日
松波 方祐子 27.01% 180日
大久保 泉 7.20% 180日
佐藤 勉 4.75% 180日
松波 宏紀 3.24% 180日

フォーラムエンジニアリングの初値予想(管理人の参加について)

フォーラムエンジニアリングが東証への上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で135億円程度と大型です。

フォーラムエンジニアリングは、エンジニア派遣事業を主な事業にしています。類似の上場企業は多く、PER10倍~30倍程度で評価されています。

IPOについては、事業内容的に人気化が難しく、資金吸収金額が大きく、売り上げの伸びも小さく成長性が低いので見送り予定です。

初値予想 1,250円~1,350円

2月21日追記
仮条件はやや上振れで決まりました。仮条件が強いのでIPOには参加します。初値予想も引き上げます。

初値予想 1,400円~1,500円

2月28日追記
地合いが悪化したので見送りました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました