【IPO】ゼネテック(4492)が東証JQスタンダードへの新規上場承認!

2020年2月13日、ゼネテック(4492)が東証JQへの上場承認を受けました。31万株の自己株式の処分、12万株の売出し及び最大6.6万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(1,700円)で算出した資金吸収金額は8.6億円です。主幹事はみずほ証券です。ブックビルディング期間は3月3日(火)から3月9日(月)、上場日は3月19日(木)です。

ゼネテックは、組込みソフトウェア及びハードウェアのシステム受託開発、製造業を中心とするエンジニアリングソリューションの提供を行っています。

調達した資金は、運転資金、借入金の返済及び社債の期日前償還原資に充当する予定です。

2月28日追記
ゼネテックの仮条件は1,600~1,700円に決まりました。

3月10日追記
ゼネテックの公開価格は、仮条件の上限である1,700円に決まりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 ゼネテック
コード番号 4492
上場市場 東証JQ
自己株式の処分 312,000株
売出株数 129,300株
OA売出 66,100株
合計 507,400株
上場時発行済み株式数 1,920,000株
売出し比率 29.3%
オファリング・レシオ 26.4%
想定発行価格 1,700円
仮条件決定日 2月28日(金)
仮条件 1,600~1,700円
BB期間 3月3日(火)~3月9日(月)
公募・売出価格 1,700円
上場日 3月19日(木)
初値(公募・売出価格比) 1,620円(-4.7%
売出人及び売出株式数 山田陽國60,000株
上野憲二50,000株
金井登志雄19,300株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 1,700円 1,700円
吸収金額 8.6億円 8.6億円
時価総額 32.6億円 32.6億円

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 みずほ証券 476,600
引受人 岡三証券 13,200
引受人 いちよし証券 8,800
引受人 SBI証券 4,400
引受人 マネックス証券 4,400

※岡三オンライン証券からもお申し込みできます。

企業情報

事業内容 組込みソフトウェア及びハードウェアのシステム受託開発、製造業を中心とするエンジニアリングソリューションの提供
業種 情報・通信業
HPアドレス https://www.genetec.co.jp/

業績

単位:百万円

決算年月 売上高 経常利益 当期純利益
2018年3月 4,004 134 83
2019年3月 4,482 275 179
2020年3月(第3四半期累計) 3,385 153 100

投資指標

想定価格 1,700円
1株損益 93.5円
PER 18.2倍

※1株損益は前期の純利益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
上野 憲二 41.85% 90日or1.5倍
上野 大輔 21.64% 90日or1.5倍
山田 陽國 10.07% 90日or1.5倍
ゼネテック従業員持株会 7.59%
井上 由佳 5.41% 90日or1.5倍

類似企業

銘柄名 市場 PER
ソーバル JQ 17.2倍
エヌアイデイ JQ 11.4倍
東海ソフト 東2 26.1倍

ゼネテックの初値予想(管理人の参加について)

ゼネテックが東証JQへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で8.6億円程度と小型です。

ゼネテックは、システム受託開発を主な事業としています。

IT系の銘柄は人気があり、小型で公開株数が少ないのでIPOには参加予定です。

初値予想 2,300円~2,700円

2月28日追記
仮条件は想定価格をやや下振れて決まりました。地合いが悪化しましたが、小型なので予定通り参加します。地合いが悪いので、初値予想を引き下げます。

初値予想 2,000円~2,400円

コメント

タイトルとURLをコピーしました