【IPO】HPCシステムズ(6597)が東証マザーズへの新規上場承認

2019年8月21日、HPCシステムズ(6597)が東証マザーズへの上場承認を受けました。5万株の公募増資、273万株の株式売出し及び41.7万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(1,930円)を基礎とした資金吸収金額は62億円です。主幹事はSMBC日興証券です。ブックビルディング期間は9月9日(月)から9月13日(金)、上場日は9月26日(木)です。なお、売出株式のうちの一部が、海外投資家に対して販売されることがあります。

HPCシステムズは、専門的な知見を求められる科学技術計算用コンピュータ事業(HPC事業)と安定的で信頼性の高い製品供給を求められる産業用コンピュータ事業(CTO事業)の2つの事業を展開しています。

調達した資金は、135,000千円をクラウドサービス向上のためのソフトウェア開発費及びクラウド用サーバ増設費、90,000千円を検証用サーバ取得費、15,000千円を産業用コンピュータ事業の業容拡大のための工場設備投資、残額を人件費に充当する予定です。

9月9日追記
HPCシステムズの仮条件は1,930~1,990円に決まりました。

9月17日追記
HPCシステムズの公開価格は、仮条件の上限である1,990円に決まりました。

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名HPCシステムズ
コード番号6597
上場市場東証マザーズ
新株発行50,000株
売出株数2,731,400株
OA売出417,100株
合計3,198,500株
上場時発行済み株式数4,090,000株
オファリング・レシオ78.2%
想定発行価格1,930円
仮条件1,930~1,990円
BB期間9月9日(月)~9月13日(金)
公募・売出価格1,990円
上場日9月26日(木)
初値(公募・売出価格比)1,870円(-6.0%
調達資金使途クラウドサービス向上のためのソフトウェア開発費及びクラウド用サーバ増設費
検証用サーバ取得費
産業用コンピュータ事業の業容拡大のための工場設備投資
人件費
売出人及び売出株式数TKTH投資事業有限責任組合
2,731,400株

価格

想定発行価格公募・売出価格
株価1,930円1,990円
吸収金額62億円64億円
時価総額79億円81億円

幹事

名称引受株式数
主幹事SMBC日興証券2,588,900株
引受人SBI証券72,100株
引受人みずほ証券72,100株
引受人東海東京証券48,000株
引受人むさし証券24,000株
引受人岩井コスモ証券24,000株

企業情報

事業内容科学・工学むけ高性能コンピュータのソリューション提供
HPアドレスhttps://www.hpc.co.jp

業績

決算年月2017年6月2018年6月2019年6月
(第3四半期累計)
売上高(千円)3,900,7934,053,0884,521,946
経常利益又は経常損失(千円)254,234291,743427,753
売上経常損益率6.5%7.2%9.5%
当期純利益又は当期純損失(千円)162,961189,852267,353

投資指標

想定価格1,930円
1株損益46.4円
PER41.6倍

※1株損益は直近の当期純損益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称株式総数に対する割合ロックアップ
TKTH投資事業有限責任組合70.1%180日
菱洋エレクトロ10.3%180日
ナラサキ産業6.4%180日
小野 鉄平3.1%180日
椎名 訓子1.0%

HPCシステムズのIPO評価(管理人の参加について)

HPCシステムズが東証マザーズへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で62億円とマザーズ上場銘柄としては大型です。

IPOについては、規模が大きく、オファリング・レシオが80%弱あり需給面での不安が大きいので不参加の予定です。

9月9日追記
仮条件はやや強気です。規模が大きく、オファリング・レシオが80%弱あり需給面での不安が大きいので予定通り不参加です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました