【IPO】JMDC(4483)が東証マザーズへの新規上場承認

2019年11月13日、JMDC(4483)が東証マザーズへの上場承認を受けました。200万株の公募増資、310万株の売出し及び最大76.5万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(2,780円)で算出した資金吸収金額は163億円です。主幹事は野村證券です。ブックビルディング期間は12月2日(月)から12月5日(木)、上場日は12月16日(月)です。

JMDCは、医療データベースの構築と提供、PHR等の健康推進サービス、画像診断等の沿革医療、調剤薬局へのデジタルソリューションの提供を行っています。

調達した資金は、設備資金としてのシステム投資、連結子会社における設備資金としての投融資に充当する予定です。

11月29日追記
JMDCの仮条件は2,780~2,950円に決まりました。

12月6日追記
JMDCの公開価格は、仮条件の上限である2,950円に決まりました。

12月6日追記
野村証券で当選しました。

JMDC IPO 当選

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 JMDC
コード番号 4483
上場市場 東証マザーズ
新株発行 2,000,000株
売出株数 3,100,000株
OA売出 765,000株
合計 5,865,000株
上場時発行済み株式数 25,975,042株
売出し比率 60.8%
オファリング・レシオ 22.6%
想定発行価格 2,780円
仮条件 2,780~2,950円
BB期間 12月2日(月)~12月5日(木)
公募・売出価格 2,950円
上場日 12月16日(月)
初値(公募・売出価格比) 3,910円(+32.5%
調達資金使途 設備資金としてのシステム投資、連結子会社における設備資金としての投融資
売出人及び売出株式数 ノーリツ鋼機株式会社 3,100,000株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 2,780円 2,950円
吸収金額 163億円 173億円
時価総額 722億円 766億円

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 野村證券 4,845,000
引受人 みずほ証券 306,000
引受人 SMBC日興証券 306,000
引受人 三菱UFJモルガン・スタンレー証券 306,000
引受人 SBI証券 76,500
引受人 マネックス証券 25,500

企業情報

事業内容 医療データベースの構築と提供、PHR等の健康推進サービス、画像診断等の沿革医療、調剤薬局へのデジタルソリューションの提供
HPアドレス https://www.jmdc.co.jp/

業績

国際会計基準

決算年月 2018年3月 2019年3月 2020年3月
(第2四半期累計)
売上収益
(百万円)
3,022 10,064 5,626
税引前利益
(百万円)
596 1,410 855
当期利益
(百万円)
390 1,010 590

日本基準

決算年月 2018年3月 2019年3月
売上高(百万円) 2,713 3,599
経常利益又は経常損失(百万円) 775 753
売上経常損益率 29% 21%
当期純利益又は当期純損失(百万円) 577 387

投資指標

想定価格 2,780円
1株損益 38.9円
PER 71.5倍

※1株損益は前期の当期利益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
ノーリツ鋼機株式会社 77.26% 90日
松島 陽介 5.37% 90日
山元 雄太 4.38% 90日
杉田 玲夢 1.94% 90日
株式会社PKSHA Technology 1.75% 継続保有
木村 真也 1.26% 90日

JMDCの初値予想(管理人の参加について)

JMDCが東証マザーズへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で163億円程度と規模が大きいです。

株式市場で人気の医療ビッグデータを活用した事業を行っています。規模が大きく、想定発行価格も高い印象ですが、オファリングレシオはやや低いので参加予定です。

初値予想 2,780円~3,200円

11月29日追記
仮条件はやや強気で決まりました。規模は大きいですが、医療系は人気があり、オファリングレシオはやや低いので予定通り参加します。

初値予想 2,950円~3,300円

SBIネオモバイル証券が、ひとかぶIPO 11/30~サービス開始!
※IPOの応募期間は限られているため、早めの口座開設手続きをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました