【IPO】ピー・ビーシステムズ(4447)が福証Qボードへの新規上場承認

2019年8月8日、ピー・ビーシステムズ(4447)が福証Qボードへの上場承認を受けました。15万株の公募増資及びオーバーアロットメントによる売出しに伴う最大3万株の第三者割当増資を行い、同時に6万株の株式売出しを実施します。想定発行価格(1,370円)を基礎とした資金吸収金額は3.3億円です。主幹事はエイチ・エス証券です。ブックビルディング期間は8月26日(月)から8月30日(金)、上場日は9月12日(木)です。

ピー・ビーシステムズは、企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事
業」、VRシアター4D 王の製造販売を行う「エモーショナルシステム事業」を行っています。

調達した資金は、事業拡大に係る採用費及び人件費、社内のサーバ・ストレージ及びネットワーク機器並びにソフトウエア等購入費、長期借入金の返済に充当する予定です。

8月22日追記
ピー・ビーシステムズの仮条件は1,280 ~ 1,380円に決まりました。

9月2日追記
ピー・ビーシステムズの公開価格は、仮条件の上限である1,380円に決まりました。

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名ピー・ビーシステムズ
コード番号4447
上場市場福証Qボード
新株発行150,000株
売出株数60,000株
OA売出30,000株
合計240,000株
上場時発行済み株式数1,309,200株
オファリング・レシオ18.3%
想定発行価格1,370円
仮条件1,280 ~ 1,380円
BB期間8月26日(月)~8月30日(金)
公募・売出価格1,380円
上場日9月12日(木)
初値(公募・売出価格比)1,950円(+41.3%
調達資金使途事業拡大に係る採用費及び人件費
社内のサーバ・ストレージ及びネットワーク機器並びにソフトウエア等購入費
長期借入金の返済
売出人及び売出株式数冨田 和久 60,000株

価格

想定発行価格公募・売出価格
株価1,370円1,380円
吸収金額3.3億円3.3億円
時価総額17.9億円18億円

幹事

名称引受株式数
主幹事エイチ・エス証券202,200株
引受人SBI証券21,000株
引受人FFG証券8,400株
引受人西日本シティTT証券2,100株
引受人岡三証券2,100株
引受人東洋証券2,100株
引受人エース証券2,100株

企業情報

事業内容企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事
業」、VRシアター4D 王の製造販売を行う「エモーショナルシステム事業」
HPアドレスhttps://www.pbsystems.co.jp/

業績

決算年月2017年9月2018年9月2019年9月
(第3四半期累計)
売上高(千円)1,591,7901,485,7251,222,796
経常利益又は経常損失(千円)89,38514,396112,527
売上経常損益率5.6%1.0%9.2%
当期純利益又は当期純損失(千円)91,245△87,318122,413

投資指標

想定価格1,370円
1株損益△66.7円
PER-倍

※1株損益は直近の当期純損益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称株式総数に対する割合ロックアップ
冨田 和久28.5%180日
森﨑 高広5.0%180日
彌永 玲子4.5%180日
加賀電子3.8%90日or1.5倍
ユニリタ3.5%90日or1.5倍
日本アジア投資3.3%90日or1.5倍
山代ガス3.3%90日or1.5倍

ピー・ビーシステムズのIPO評価(管理人の参加について)

ピー・ビーシステムズが福証Qボードへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で3.3億円とQボード単独上場銘柄なので普通です。大株主にはしっかりとロックアップがかかっています。

ピー・ビーシステムズは、企業の基幹システムをクラウド化する「セキュアクラウドシステム事業」、特殊な映像技術を用いて空間を仮想化する「エモーショナルシステム事業」を行っています。クラウドやVRに関わる事業なので人気になりそうです。

業績は、前期赤字でしたが、今期は第3四半期累計で1.2億円の黒字になっています。想定発行価格での第3四半期累計段階でのPERは15倍となっており割高感はありません。

IPOについては、Qボード単独上場で地合いも不安定ですが、事業内容が好感されやすそうなので参加予定です。

8月22日追記
予定通り参加します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました