【IPO】SREホールディングス(2980)が東証マザーズへの新規上場承認

2019年11月14日、SREホールディングス(2980)が東証マザーズへの上場承認を受けました。140万株の公募増資、308万株の売出し及び最大67万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定仮条件(2,500円~3,450円)の平均価格(2,975円)で算出した資金吸収金額は153億円です。主幹事はSMBC日興証券です。ブックビルディング期間は12月4日(水)から12月10日(火)、上場日は12月19日(木)です。

SREホールディングスは、不動産事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業を行っています。

調達した資金は、AI技術の基礎研究や実業(リアル)での実用化・応用化・汎用化に向けた応用研究のための研究開発費、AIソリューション事業における販売用ソフトウエアの開発費、AI関連の人材、不動産仲介に係る法人営業や不動産開発に係る人材の増強のための人件費及び人材採用研修費、ITプラットフォームにおける不動産売買仲介の物件情報や集客に係る各メディアへの広告宣伝費、IoT環境を備えたスマートホーム「AIFLAT(アイフラット)」を提供するための物件取得費用に係る短期借入金の返済や営業用不動産の取得費用及び当社業務処理の最適化を目的とした統合基幹業務システムの開発費に充当する予定です。

12月3日追記
SREホールディングスの仮条件は2,550~2,650円に決まりました。

12月11日追記
SREホールディングスの公開価格は、仮条件の上限である2,650円に決まりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 SREホールディングス
コード番号 2980
上場市場 東証マザーズ
新株発行 1,400,000株
売出株数 3,084,600株
OA売出 672,600株
合計 5,157,200株
上場時発行済み株式数 15,128,000株
売出し比率 68.8%
オファリング・レシオ 34.1%
想定発行価格 2,975円
仮条件 2,550~2,650円
BB期間 12月4日(水)~12月10日(火)
公募・売出価格 2,650円
上場日 12月19日(木)
初値(公募・売出価格比) 2,475円(-6.6%
売出人及び売出株式数 Zホールディングス株式会社2,084,600株
ソニー株式会社1,000,000株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 2,975円 2,650円
吸収金額 153億円 136億円
時価総額 450億円 400億円

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 SMBC日興証券 3,190,700
引受人 大和証券 346,100
引受人 SBI証券 157,300
引受人 野村證券 94,300
引受人 マネックス証券 15,700
引受人 楽天証券 15,700

企業情報

事業内容 不動産事業、ITプラットフォーム事業、AIソリューション事業
HPアドレス https://sre-group.co.jp/

業績

決算年月 2018年3月 2019年3月 2020年3月
(第2四半期累計)
売上高(千円) 2,597,370 2,853,923 1,389,957
経常利益又は経常損失(千円) 196,019 380,287 263,432
売上経常損益率 8% 13% 19%
当期純利益又は当期純損失(千円) 300,340 220,650 168,179

投資指標

想定価格 2,975円
1株損益 17.2円
PER 173.4倍

※1株損益は前期の当期純損益を上場時の発行済み株式数で割ったもの

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
ソニー株式会社 53.01% 180日
Zホールディングス株式会社 41.16% 180日
西山 和良 2.61% 180日
角田 智弘 0.43% 180日
河合 通恵 0.35%

SREホールディングスの初値予想(管理人の参加について)

SREホールディングスが東証マザーズへの上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で153億円程度と大型です。

不動産テック企業といえそうだが、想定価格は高く感じる。規模も大きく、見送り予定です。

初値予想 2,700円~2,975円

12月3日追記
仮条件は弱く決まりました。仮条件も弱く、規模も大きいので予定通り見送りです。仮条件が弱いので初値予想も引き下げます。

初値予想 2,450円~2,650円

SBIネオモバイル証券が、ひとかぶIPO 11/30~サービス開始!
※IPOの応募期間は限られているため、早めの口座開設手続きをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました