【IPO】バリオセキュア(4494)が東証2部への新規上場承認!

2020年2月21日、バリオセキュア(4494)が東証2部への上場承認を受けました。272万株の売出し及び最大40万株のオーバーアロットメントによる売出しを実施します。想定発行価格(2,080円)で算出した資金吸収金額は65億円です。主幹事は野村證券です。ブックビルディング期間は3月11日(水)から3月17日(火)、上場日は3月30日(月)です。

バリオセキュアは、ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用、監視、 サポートサービスの提供。ネットワークセキュリティ機器販売、なら びにネットワーク機器の調達、構築によるインテグレーションサービ スの提供を行っています。

3月9日追記
バリオセキュアの仮条件は1,600~1,700円に決まりました。売出株数が変更になっています。
売出株数 2,720,400 株→1,455,000 株
OA売出 408,000 株→ 218,200 株

3月18日追記
バリオセキュアの上場が中止となりました。

スポンサーリンク

公募・売出し(IPO)情報

銘柄名 バリオセキュア
コード番号 4494
上場市場 東証2部
新株発行 0株
売出株数 1,455,000 株
OA売出 218,200 株
合計 1,673,200 株
上場時発行済み株式数 3,726,600 株
売出し比率 100.0%
オファリング・レシオ 44.9%
想定発行価格 2,080円
仮条件決定日 3月9日(月)
仮条件 1,600~1,700円
BB期間 3月11日(水)~3月17日(火)
公募・売出価格 未定
上場日 3月30日(月)
初値(公募・売出価格比) 未定(%)
売出人及び売出株式数 アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合 2,715,600 株
アイ・シグマBAF役職員ファンド5アイ組合 4,800 株

価格情報

想定発行価格 公募・売出価格
株価 2,080円 未定
吸収金額 65億円 未定
時価総額 77億円 未定

幹事

名称 引受株式数(株)
主幹事 野村證券 未定
引受人 SMBC日興証券 未定
引受人 大和証券 未定
引受人 いちよし証券 未定
引受人 みずほ証券 未定
引受人 岡三証券 未定
引受人 岩井コスモ証券で株式取引 未定
引受人 SBI証券 未定
引受人 楽天証券 未定
引受人 マネックス証券 未定

※岡三オンライン証券からもお申し込みできます。(2月27日追記)

企業情報

事業内容 ネットワークセキュリティ機器と独自監視システムによる運用、監視、 サポートサービスの提供。ネットワークセキュリティ機器販売、なら びにネットワーク機器の調達、構築によるインテグレーションサービ スの提供
業種 情報・通信業
HPアドレス https://www.variosecure.net/

業績

単位:百万円

決算年月 売上高 経常利益又は

経常損失(△)

当期純利益又は

当期純損失(△)

2018年2月 2,226 507 275
2019年2月 2,299 443 235
2020年2月(第3四半期累計) 1,880 568 393

投資指標

想定価格 2,080円
1株利益 63.17円
PER 32.9倍

株主とロックアップ

氏名又は名称 株式総数に対する割合 ロックアップ
アイ・シグマ事業支援ファンド2号投資事業有限責任組合 91.02% 90日or1.5倍
稲見 吉彦 2.19% 90日
山森 郷司 0.45% 90日
亀松 節子 0.39% 90日
梶浦 靖史 0.39% 90日

類似企業

銘柄名 市場 PER
ソースネクスト (4344) 東1 107倍
トレンドマイクロ (4704) 東1 30.0倍

バリオセキュアの初値予想(管理人の参加について)

バリオセキュアが東証2部への上場承認を受けました。資金吸収金額は想定発行価格で65億円程度と大型です。

バリオセキュアは、インターネットに関するセキュリティサービスを提供しています。

事業内容は人気がありますが、売出し比率・オファリングレシオが高いので見送り予定です。

初値予想 2,000円~2,080円

3月9日追記

仮条件が想定価格を大幅に下振れて決まりました。仮条件が非常に弱く、地合いも悪いので予定通り見送ります。

初値予想 1,500円~1,700円

コメント

タイトルとURLをコピーしました